Blodpudding 血プディング

2009.09.22.
スウェーデンの家庭料理。 ブラードプディング(血のプディング)。 

blodpudding1.jpg

これをどうやって食べるかというと、1~2cmの薄さに切って、両面を1~2分焼くだけ。 付け合せは、お約束のジャガイモとリンゴン(こけもも)ジャム。

blodpudding2.jpg

夫はスウェーデンの血プティングもリンゴン(こけもも)ジャムも大っ嫌いで、決して口にすることはない。 二人のときは、ご飯にみそ汁と焼き魚にお浸しなどの和食だけど、私一人の食事では、典型的スウェーデン料理だったりする。 作るの簡単だから。

私も blodpudding は、別に好きではない。 しかし、安価で栄養の高い食べ物は、おいしくなくても率先して食べてしまうという悲しき貧乏性ゆえ、一人で食べている。

義母も、これは嫌いだそうで「pepparkakor(ジンジャークッキー)の生地を食べているみたいよね」と言っていた。

そう、これはクッキー種のように柔らかく、甘く、シナモンの香りがするのだ。

一体、原料は何を使っているのかと見てみると・・・

水、ライ麦粉、小麦粉、牛の脂身、牛と豚の血の粉、砂糖、豚肉4%、塩、スパイス(玉ねぎ、シナモン、コリアンダー)、豚のたんぱく質、じゃがいもの繊維、香料

夫は、ドイツの血のソーセージはスパイスが効いていて、おいしいから好きだと言う。 

スウェーデン人は、どうして食べ物をおいしくしようとする努力をしないのだろう。 なんで、砂糖ばっかり入れて甘くするのだろう。 炒めたベーコンや玉葱をのせたりオムレツにしたり、努力しているんだけど、決しておいしくならない blodpudding を食べ飽きて、ドイツでたらふくおいしいものに舌鼓を打っているであろう、夫の帰りを待ち望むのであった。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

Pyttipanna ピッティパッナ

2009.09.19.
スウェーデンの典型的な家庭料理 Pyttipanna (ピッティパッナ)

pyttipanna2.jpg

豚肉、茹でたじゃがいも、玉ねぎをダイス型に切って炒めたもの。 上に半熟目玉焼きを乗せ、好みによって、卵はそのまま食べたり、黄身を潰してソースのように混ぜて食べたり。

スウェーデンの昔ながらの家庭料理は、豚肉、じゃがいも、ソースの3点セット。 Pyttipanna は、前日の残りものを刻んで炒めた再利用料理。 (日本でいえば、家庭で作るチャーハンとか?)

今のスウェーデンでは、昔ながらの家庭料理を作る人は少なくなっているけれど、やはり Pyttipanna は、どこの家庭でも食べられるおふくろの味。

そう、こうして冷凍のPyttipanna が売っている。 ミートボールもそうですが、現代のスウェーデンのおふくろの味は、全て冷凍食品・・・

pyttipanna1.jpg

でも、重宝なのです。 安売りのときに購入して冷凍庫に保存しておけば、時間がないときには、ただ炒めて卵を上に乗せるだけ。

それに、とてもおいしいのです。 なんと、日本人の口にも合う! 日本からの客人が来たときなど、「これ、スウェーデンの典型的な家庭料理よ」と、ちゃちゃっと炒めて出すと、皆おいしいおいしいと喜んで食べてくれます。

一人での食事のときも、これで済ましちゃう。

あ~あ、今頃、我が夫はドイツの従妹の結婚式で、ご馳走食べているんだろうな・・・ (都合により、スウェーデンでお留守番の私。)
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク