幼児連れで飛行機 スカンジナビア航空

2011.05.29.
出発前、スカンジナビア航空のコールセンターに、コペンハーゲン~成田間でベビーフードのオーダーをしてみたところ、私たちがチケットを取った格安航空券サイトとSASのシステムは違うから、SASのコンピューターでは手配できない、代理店の方に要請しろ、とのことでした。 

だめもとで、格安航空券サイトにメールで問い合わせをしてみたら、出発の前日にもかかわらず返事が来て、この代理店では149krでベビー用パック(座席とベビーフード)を用意しているが、それを今回特別に無料で手配してくれるという! SASからはまだ返事がないので確かではありませんが、今後もご贔屓にしてくださるよう、私どもからのサービスです、と。 おお、こんなこともあるのね!

果たして、SASの対応は・・・

成田への路線では、座席が直前に変更されていて、私たちはベビーパシネットが使える前方が壁になっている座席でした。 うちの子はもう1才過ぎているし、身長も80cm以上あるので使うのは無理だろと思ったが、「大丈夫よ」と設置してくれたところ、ギリギリ。

sas1.jpg

寝返りができず起き出したりするので、ここでグッスリ寝てもらうのは無理だったが、親の荷物置き場にもなるので重宝。

しかし、ベビーフードは出ず、おもちゃも何もくれなかった。

そうそう、コペンハーゲンから成田行きのフライトって、必ず遅延がありますが、今回はオンタイム! と思ったら、搭乗が終わってから45分も待たされた。 しかも、空調の調子が悪く、離陸するまで使用できないと、機内は蒸し風呂のように暑くなり、子供を抱えているのに勘弁してくれー、でした。 (この日は夏のように暑かったしね。)

帰路のコペンハーゲン行きでは、成田のチェックインのカウンターで「ベビーフードをご用意しております」と言われ、座席も行きと同じところ(テーブル出すとこがちょっと壊れていて汚い)で、パシネット付き。

離陸から大分経ってから、フライトアテンダントが小さなヌイグルミを持って来て、子供の顔の前で振ったりして、あやしてくれたんだけど・・・ このとき、私は子供に授乳中。 しかも、このアテンダントは男性だった。 なんで、今、ここに、わざわざ来たのだ? (夫は「どんなおっぱいか見に来たのかなぁ」と、冗談半分ちょっと不信そう。 もしかして、あの人は Gunvaldさんだったとか!?

sas2.jpg

さて、親達の食事は終わったが、赤ん坊の食事は一向に出てこない。 聞いてみたところ「そうなんですかぁ。 見てきますね」って、全然連絡いってないのか、要領得ていない応対。

「こんなものなんですけど」と持って来てくれたのは、離乳食の小瓶4個。 しかも「5ヶ月から」というペースト状のもの。 1才過ぎて歯も生えてきているので、これはもう食べたがらないだろ・・・ 

sas3.jpg

あとは(大人に出す)スナック用のパンをくれ、結局それを食べ、それだけじゃあ栄養がないので、瓶詰めの離乳食も口に押し込んで食べさせた。

ベビーフードは、紙の箱に入れて持ってきてくれたんだけど、夫がその中からつまみ出したのは「割り箸」。 これで食べさせろって?と思案気味の夫。 (その箱は、後で出る軽食用の紙容器だったので、付属品が入っていたのね。)

149kr(約2千円)支払って(私たちは払ってないけど)、このサービスって、どーなんでしょ。

それに、言えば行きの便でもベビーフード出してくれたのかも。 また、オーダーしなくても聞けばくれたのかも。 あまり意味なかったような。 でも、座席はありがたかったかな。

ちなみに、SASのホームページ(日本語版もスウェーデン語版も)を見ると、「ヨーロッパ路線・大陸間長距離路線のビジネスクラスまたはエコノミーエクストラをご予約頂いた場合、出発の24時間前までベビーミール/チャイルドミールのオーダーができます。」とあったのでした。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

あれから一年・・・

2011.01.22.
初めて迎えた誕生日。

oneyear1.jpg

特に何もするつもりはなかったんだけど(ってゆーか、そんな余裕ない・・・)、夫のお兄さん家族が平日にもかかわらず、プレゼントたくさん持って、夜にわざわざ訪ねて来てくれた。

お兄さん家族のとこには子供が二人、男女の双子。 子供がいると子供が中心になってしまうせいもあり、私たち夫婦とはあまり接点がなく、いままで親密な付き合いはしていなかったが、うちにも子供が生まれると、そうはいかない。 押しかけてくる。

それが、とてもありがたい。

初めて会ったとき、義兄のとこの双子は小学校にあがる前だったのに、この夏には高校に進学ですと。 (義兄は私より数ヶ月年下なんだけど・・・) 二人とも背なんか私より遥かに高い!(でも、まだ子供っぽいところが残っているのね、このくらいの年齢って。) しかも、姪っ子の方は日本に夢中で、日本語勉強して、コスプレして、マンガを描いているんだそうだ。 

心優しい甥っ子は、手製のクッションをプレゼントしてくれた。 (ミシンを使って何か作るという学校の課題で、うちの子に服を縫ってくれたことがあり、その服は皆が笑った出来だったけど、着せたらば子供は極上の笑顔で喜んだのが、よほど嬉しかったのかな。)

oneyear2.jpg

夫たち兄弟が遊んで、双子も遊んだ、積み木や、お古の服に子供服用ハンガーなど、温もりが伝わるプレゼントの数々。 

他にも思いがけない方々から祝っていただいたり、子供って多くの人に支えられて生きていると感じます。 

知り合いの牧師さんが「ちび吸血鬼ちゃん元気?」と聞いてくれ、夫が「子供がどんなものか分かっているから、牧師といえども、小さな天使とか言わないねー」と苦笑していたが、本当、子供って多くの人に支えられ、親の生き血(エネルギー)吸い取って生きているのね・・・
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク