The taste of Swedish summer と、ドイツ風にわとこの天ぷら

2009.06.22.
Fläderblommor (Elder flowers, 西洋にわとこの花)を摘んできて、今年もお花のジュースを作りました。 (Flädersaft の作り方はこちら。) ジュースといっても、エルダーの花とレモンを砂糖水で漬け込んだシロップで、水で割って飲みます。 英語では Elderflower cordial (エルダーフラワー コーディアル)ともいうらしい。 にわとこには、解熱などハーブとしての効用があります。

今年はシロップだけでなく、一部の花をお茶用に乾燥させることに。 そして、sarahoctavianさんから教えていただいた「ニワトコの天ぷら」にも挑戦!→追記にて、その結果。 (花を揚げて食べるなんて知らなかったけど、スウェーデンでも pannkaka =パンケーキを作ったりすると、後で聞きました。)

私にとって、にわとこの花と香りはスウェーデンの夏の味!

しかし、スウェーデンでも北の方に行くとニワトコは育たないよう。 イングランドやドイツでも広く親しまれ利用されています。

smultronflader.jpg

にわとこと一緒に摘んで来たのは、これもスウェーデンの夏の味、smultron (スムルトン、スムルトロン)。 Fragaria vesca という種の野いちご。 小粒で素朴ながら、香りと味わいが高く、苺とはまた違ったおいしさ。

草の茎や、麦わらなどに挿していくのがスウェーデン流。 (こうすると手が汚れず、持ちやすいし食べやすい。 なんといっても見た目が可愛らしい~♪)

野いちご [DVD]といえば、巨匠イングマール・ベイルマンの作品ですが、この映画のスウェーデン語原題は Smultronstället (スムルトロンステレット)で、「野いちごが生る場所=秘密のお気に入りの場所」という二重の意味があります。

そして私が毎年にわとこの花を摘むこの場所は、まさに私の smultronstället なのです。

追記: 夕食に(?)にわとこの花の天ぷらを作りました! これが、意外なおいしさ! (実は、食べるまで半信半疑だった・笑) 

fladertenpura1.jpg

ほのかな甘みの衣と、口の中で広がるエルダーの香りのハーモニーがなんともいえない! 夫は「あ~、ドイツの味だぁ~」。 この衣(生地)の味わいと、揚げるところが、ドイツ料理を思い出させるとか。 (スウェーデンには伝統的に揚げ物ってない。)

fladertenpura2.jpg

本当に嬉しい驚きのおいしさ。 (二人とも、食べるまで不安だった・笑) 素敵なレシピを、どうもありがとうございます、sarahoctavianさん! 二人とも感謝感激。 義母様にもよろしくお伝えください!
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

チョコレートボール、またの名を・・・

2009.02.07.
バレンタインデーが近いので、プレゼントにぴったり、手作りチョコのレシピでも。 

と言っても、スウェーデンのバレンタインデー alla hjärtans dag では、チョコを贈る習慣はありませんが。 (男性が女性に赤いバラや甘いお菓子を送ったり、恋人同士でロマンチックなプレゼント交換したりします。 それでも、この日はビックイベントではありません。)

スーパーでも売ってるし、ケーキ屋さんやカフェなどで必ず置いてあるスウェーデンの代表的なお菓子、チョコレートボール (chokladboll フォックラッドボッル)

chokladboll.jpg

日本人の口にも合うようで、お土産に買って帰ったら、おいしいと喜ばれたと聞きます。 作り方は、いたって簡単。

材料:
バター、またはマーガリン 50g
砂糖 1/2 dl (2/4 カップ ←訂正 1/4 です!
バニラシュガー 小さじ1 (風味付け用のバニラ、なくてもよい)
カカオ 大さじ1~2 (製菓用ココア 甘くないもの)
オートミール 1 1/2 dl (3/4 カップ)
濃い目に入れたコーヒー 大さじ1~2(あるいはインスタントコーヒーを粉状にしたもの 小さじ1~2)
ココナッツロング 適量

chokladball2.jpg

作り方:
室温で柔らかくした(もしくは湯せんで溶かした)バター(またはマーガリン)に、砂糖とバニラシュガーを入れ、よく混ぜる。
カカオ、コーヒー、オートミールを加え、さらによく混ぜる。
小さなボール状にまとめ、ココナッツフレークをまぶし、冷蔵庫で冷やし固める。

chokladball3.jpg
(上記のレシピは約15個分の材料のハズなのに、6個しかできなかったとは、どういうこと・・・?)


モカ風味なので、スウェーデンのお菓子にしては甘さが抑えられているのが、おいしさの秘密でしょうか。 火を使わず、手軽に出来て、これを素敵なパッケージに入れれば、立派なバレンタインデーのプレゼントになる、かな。

ところで、今はチョコレートボール chokladboll と言うのが当たり前のようですが、このお菓子、スウェーデンでは長いこと別の名前で呼ばれてきました。 それも、今日では口に出来ないような呼称で。 それは・・・

Negerboll

英語で書けば、negro ball, nigger ball (ニグロ・ボール、ニガー・ボール)

90年代の終わりまでは、一般的にこう呼ばれていましたし、お店などでこの呼称を使うのが禁止されたのは2000年代に入ってから。

黒いから、またカカオはアフリカから来くるから、誰もが違和感なく、そう呼んでいた。

例えば、小学校の家庭科の授業では、
先生「みんな、今日は negerbollar を作りましょうね!」
生徒「はぁ~い!」
なんて、光景が。

お店に行けば、札には Negerbollar と書かれている。
客「Negerbollar 5つください」

絶句してしまいますが、でも日本だって、こんな感じだったよな~。 スウェーデンも、大して意識が進んでいるというわけではありません(でした)。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク