夜の教会

2008.11.08.
スウェーデンの教会では、誰もが参加でき楽しめるような催しもあり、秋の間行われている、夜の教会 (Nattkyrkan) というイベントに、ちょっと行ってみました。

これは、教会で小さなコンサートを開き、その後フィーカ(コーヒータイム)を挟み、ミサ(聖餐式)と礼拝を行うというもの。 しかし、夜の教会という名のとおり、夜に行われるのです。 しかも、21時から夜中の1時まで!

教会の中は、何百というキャンドルに火が灯され、幻想的な美しさ。 また音響効果が良いので、コンサートにはもってこい。 

nattkyrkan.jpg

教会のコンサートといっても、毎回異なるジャンルのミュージシャンを呼び、テクノでゴシック系バンドのときは、これまた雰囲気が合って、なかなか良かったんだけど、観客はおじいちゃんおばあちゃんがほとんどで・・・ ちょっと異様な光景でもあった。

何回か行くと、人数は少ないながら、常連さんもいることに気づき、でも何だか風変わりな人が多いかな・・・ フィーカになると、茶飲み仲間のばあちゃんたちが集まり騒ぐので、じいちゃん連中から、あのばあさんたちウルサイから黙らせてくれと文句が出たり・・・ そんな人間模様を見ることも、またおもしろかったりして。

このイベントの指揮を取っているのが、私たちの結婚式を挙げてくれた牧師であり友人なので、観に行くときは、早めに行ってちょっと手伝うこともあります。

さて、先日、夜の教会が始まる前にキャンドルに明かりを点けていたら、リハーサル中の歌手が声をかけて来て、お互い顔を合わせビックリ。 なんと、スウェーデン語コースで一緒だったメキシコ人のクラスメートだったのです。 彼女がウィーンで音楽を勉強していたことは知っていたけど、彼女の音楽を聴く機会はなく、コースが終了してから会うこともなかったので、本当にお互い驚き、思いがけない再会に喜びました。

実は、前回「風土」で触れた、メキシコ出身の女性って彼女のことなのです。 ふと彼女が言っていたことを思い出しブログのネタにしたのですが、数日後本人に会うとは!

スペイン語で歌うとあり、この日の観客はいつもの倍以上、スペイン語を話す人達が多く訪れ、いつもとは違う賑やかさ。

彼女はソプラノのオペラ歌手で、ピアノ伴奏者と共に、鳥肌が立つような独唱を披露してくれました。

あまりの感動に、コンサートが終って彼女がフィーカしに来たとき、「素晴らしかったわ!」と彼女をぎゅと抱きしめ、一緒にいた夫にも紹介。 フレンドリーな彼女と気さくに言葉を交わしました。

帰り道「今日は本当、素晴らしかったし、びっくりしちゃったなー」と言うと、夫が「知ってた? 彼女って、かなり名の知れた大物なんだよ。 周りのみんなが、君の奥さん彼女と友達なんて、すごいなーって、感心してた」。

私にとっては懐かしいクラスメートに過ぎなかったのですが、知らないことは恥ずかしい・・・
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

50年代風レトロカフェ Ebbas Fik

2008.10.30.
スウェーデンで一番のケーキ屋&カフェ (Sveriges Bästa Konditorier & Kaffer) という旗が掲げてあるのは、Helsingborg の Bruksgatan 20 にある青い壁のお店、Ebbas Fik (エバァス フィーク)。

ebbasfik1.jpg

本当に、色々な面で最高なカフェ。 おいしさも一番、ユニークさも一番、大きさも一番!

まず、このお店、何もかもが50年代。 テーブル、椅子、食器類を始め、ポスター、レコード、雑誌、ジュークボックス、電気器具、缶、瓶・・・ 全て50年代のものが、お店中に溢れています。 

ebbasfik3.jpg

ちょっとインテリアとして置かれているのではなく、カフェの中は完璧に50年代。 ハンパじゃない。

ebbasfik4.jpg

お店には老若男女問わず、いつも大勢のお客さんがやって来ますが、若い人達にとっては新鮮、お年寄りにとっては懐かしい、そんな雰囲気に惹かれて。

ebbasfik2.jpg

それだけでなく、このお店が人気があるのは、やっぱりお菓子がおいしいから。 しかも、ここのクッキーの大きさが、またハンパじゃない!

ebbasfik5.jpg

ジャンボサイズ
なのだ。 右側のお皿に乗っているのはクッキーで、左側のはチョコレートボール。 通常の4倍、5倍の大きさ!? チョコボールと一緒に乗っているは「ラジオカーカ radiokaka (断面図が昔のラジオみたいだから)」という、50年代60年代にスウェーデンで流行したケーキ。 今、食べられるのは、Ebbas fik でだけ。

お菓子の種類が、また豊富なのですが、今時の気取ったものではなく、典型的な昔ながらのスウェーデンのケーキで、家庭の味がします。 (スウェーデンのケーキやクッキーで一番おいしいのは、家庭での手作り。) 全てオーナーのエバァさんのレシピだそう。 ハンバーガーやサンドイッチ、サラダなどの軽食、またスムージーなどドリンクの種類も揃っています。

お菓子作りが得意で、50年代の物を蒐集しているエバァさんが、そのふたつを取り合わせ始めたのが、この Ebbas Fik (Fik は喫茶店の意味。 コーヒータイムにするという動詞が fika フィーカ)。 レトロ好き、お菓子大好きには、たまらないカフェです。 2階のトイレに行くと、屋根裏にもこんな空間が↓
ebbasfik6.jpg
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク