ハンドメイドの即売会 Hantverksdag

2008.08.18.
ハンドメイド(手芸)作品のマーケットが開かれるというので、義母を誘って行ってみました。 毎年8月に Ängelholm という町で、1日だけ開催されます。 町はずれにある町民の憩いの公園  Hembygdsparken にて。 公園というか森の中・・・ 

handverkdag1.jpg

私は、以前にも来たことあるのですが、そのときは蚊に刺されて大変だった。 

handverkdag2.jpg

今年は60ほどのお店が出ているとか。 販売していているのは、中年女性や、おばあちゃんがほとんど。 そのせいか、若いデザイナーが作る今時の、いかにも北欧デザインでーす、といったものがない。 どこか野暮ったさが残る手作りの品の数々。 人形の服や、ボタンを縫い付けて作ったオブジェ、ビーズで作った人形、鍋掴みなど。 特にタオル地と布地の組み合わせで作ったオーブン掴みが、洋服の形をしてかわいかったのですが(と説明しても、どんなものか検討がつかないと思いますが・・・)、ハンドメイド品は高いのよね~。 結局、見るだけ。

レース編み。 細かく美しい作業にため息。 お値段聞いて、またため息。 

handverkdag3.jpg

実演販売も多いので、それもまた楽しいです。

handverkdag4.jpg

おじいちゃんたちが、ロープを作っていました。 

handverkdag5.jpg

この機械?と木の間を行ったり来たり。 なかなかいい味出してます。 手仕事っていいですね。 日本にいたときは、自然や手作りに触れる機会があまりなかったと思います。 他に娯楽は沢山あったし、なんでも買えたし。 スウェーデンでは、都会や若い人たちはそうでもないけれど、人口の少ない地域やちょっと年配の方々は、日常的に手作りに親しんでいると感じます。 でも、こんなロープ作りの技術は、廃れてしまうのかな・・・

handverkdag6.jpg

とあるお店で、義母が声をかけられました。 「私のこと、覚えている?」 

そこで手作り品を販売していた女性は、義母が10代の頃、一緒にフォークダンスをやっていた仲間で「フォークダンスグループの旅行で初めてドイツに行ったとき、彼女と同じドイツ人家庭に泊まったのよ」。 

すかさず私が聞いたのは、「彼女はドイツ人と結婚しなかったの?」

というのも、義母はフォークダンスの国際交流で訪れたドイツで、ドイツ側のフォークダンスチームにいた義父と出会ったのでした。

残念ながら?それとも賢明なことに??、そのご友人はスウェーデン人と結婚したそうです。 
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

手芸と手作りケーキ Landskorna Citadell にて

2008.08.01.
Landskrona (ランドスクローナ)にあるCitadell(城、とりで)の、外堀に架かる橋を渡ると、目の前には黄色い家があり、矢印の札が道案内。 

citadelcafe1.jpg

城の周りの堀では、魚釣りをすることもできます(有料)。

citadelcafe2.jpg

Citadell の敷地内には、古い大きな家も点在し、オフィスなどに使われているよう。 この家の前は、ピンクのバラがかわいらしく、わぁ~と近づくと、犬に吠えられる! すっごく吠える犬がいるのよ~。 ドアがちょっと開いていて、すのこ(?)が立てかけてある、その上から、顔出しているでしょ~。

citadelcafe8.jpg

ハーブや花を育てているガーデンもあり、その向こうに見える家は、ハンドメイドのお店兼カフェ。  

citadelcafe3.jpg

Hemslöjdsbutiken (手芸のお店)という、ハンドクラフトの同好会が開いているお店で、普段は手芸品の販売のみですが、夏の間はカフェも開き、手作りのケーキやクッキーでフィーカを楽しめます。

citadelcafe4.jpg

この日のケーキは、スポンジケーキの上にラズベリーのジャムを塗り、バターと砂糖で固めたオートミールを上に散らしたもの。 シンプルでおいしい!

citadelcafe5.jpg

窓の外のシンプルな風景にも、心から寛げます。

citadelcafe6.jpg

敷地内には、山羊や羊も飼育されていて、動物と戯れることも。 ただ、柵の外に生えている葉っぱをむしって、柵の外からあげるだけだけど。 でも、喜んで寄って来てくれるので、ひたすら、むしってあげるを、繰り返すのでした。

citadelcafe7.jpg

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク