難民列車

2015.10.01.
ドイツ北部の都市キール(Kiel)に、夫の(ドイツ人の)従妹家族に電車で会いに行こうと計画を立てたのは、夏前。 彼女達を訪れるのは初めてのこと。 そして夫にとっても初めての鉄道での旅。

ここからなら、デンマークのコペンハーゲンからドイツのハンブルグまで、途中フェリーに乗って海を渡る最短ルートの「渡り鳥コース」という列車が走っているので、それに乗って行こうと。 キールへは、ハンブルク前のリューベックで降り、そこからローカル電車。 約5時間半の旅。
 
初めてで、まだ言うこときかないガキも一緒だから、混雑するであろう夏休みは避け、でもまだ気候は良いであろう9月半ばに日程を設定。

電車の予約は、ドイツ鉄道(DB)のホームページで、オンラインで簡単に取れます。 早く予約すればそれだけ割引もあるので、予約可能な3ヶ月前に。

家族3人だけど、子供は5歳以下なら無料、大人(親や祖父母)と同伴なら14歳以下でも無料だそうで、料金は往復で(大人二人)196ユーロ+(3人分)座席予約18ユーロ=214ユーロ。

さて、旅行の日が近づくにつれ(飛行機とか電車とか、安く取るとキャンセルきかないので)、何事も(子供の病気とか)起こりませんようにと祈るような気持ちになりますが、やっぱり何か起こるのです。

旅行2週間前に、故郷のドイツ中部に住む従妹のお父さんが高いところから落ちて首の骨を折ったという大事故が発生。 従妹は慌てて実家に帰り、私たちも大変心配しましたが、命には別状ないとのこと。 しかし大手術をしたし、足の神経は麻痺したままで、今後の経過が気になりますが、従妹はキールに戻り、私たちにも予定通り来て欲しいとのこと。

それから1週間経ち、旅行までちょうど1週間前の日、私たちが乗る予定と同じ列車が、ドイツからフェリーでデンマークに上陸する際止められ、その日は終日運行停止という事態に。

中東方面から欧州へ難民達が大量に押し寄せ大混乱が起こり、ドイツからさらに北上しデンマークを通過してスウェーデンに入ろうとする難民達が、この列車には多く乗っていたんですね。 難民達はデンマーク入国の際、申告しなくていえかなく、しかしデンマーク警察が介入し強制的に運行停止になり、大騒動。

ええっー、どうなるのぉ!? 私たちの出発がこの日だったら、行けなかったよー。 それとも、このカオス状態は今後も続くのか? 旅行は結局キャンセルになるのか?

DBのホームページにもいろいろ情報が出てきましたが、ドイツ〜デンマーク間の列車は土曜からは通常通り運行、しかしオーストリアとの国境の列車が止められ、難民移動に伴う列車(及びそれ以外)の混乱は続いている模様。

はぁ〜、3ヶ月前には、想像もしなかった事態です。

で、当日はどうなったのか、、、 続く


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク