セムラではなくカステラで

2017.03.01.
昨日は Fettisdagen (パンケーキ・デー。 復活祭前の受難節が始まる前日で、ご馳走を食べる風習があった)で、本来ならセムラを食べる日でしたが、子供にセムラの写真を見せ、「こーゆーの食べたい?」と聞いたら、「うぇ、食べない」 (うちの子は生クリームのようなコッテリしたものが好きじゃない)というし、私も「白パンにアーモンド餡と大量のホイップクリームを挟んだ胃にもたれる」買うとなると高いと思うものを食べたいとは思わなくなってしまったし、ここ数年手作りしていたけど、今年はやめ。

その代わり、カステラを作ることにしました!

何故カステラかというと、子供のリクエスト。 何故食べたこともないカステラを子供がリクエストしたかというと、海外からもウェブ上で観覧することができるNHKの教育番組 NHK for School の「さんすう犬ワン」の第1回にカステラが登場し、子供がえらく興味を示したから。(算数の番組なんだけどなぁ・・・)

最初、4人兄弟の子供たちが床の間のある和室でカステラを等分に切ろうとする、子供らしからぬシチュエーションに絶句。 しかしカステラというのは、きっちり長方形になっているというのがミソなんですね。 等分に切り分けられ、図を使って分数の仕組みを教える。 (私も、算数の番組なのに、和室とかカステラとか、どーでもいいとこばっかりに目がいってます。)

で、算数は置いといて、カステラを作ることになりました。

作り方も材料も、一番簡単そうなレシピを検索。 小麦粉(強力粉)120g、砂糖120g、卵4個、牛乳、ハチミツ、サラダ油各大匙2、で作りました。 うちの子は乳製品も卵も嫌い(アレルギーというわけではなく、味が嫌い)なので、お菓子にして摂取させているので、ちょうどよい。 しかし、砂糖は控えめにしたいので、思い切って半分(60g)に。

それでも、おいしくできました。 (市販のカステラは確かにもっと甘い、でもうちの子は食べたことないので文句言わずにおいしいと言っていた。)

castella1.jpg

目から鱗だったのは、カステラを焼き上がってから、熱いうちにラップできっちり包み、1日もしくは2~3日置くと、しっとりするということ。

castella3.jpg

先日、卵4個と小麦粉で、日本からの料理の本をみながらしっとりケーキを作ったはずが、パサパサの固いものになってしまい、しかも来客にお出しするものだったので、恥ずかしかった・・・ 本来は薄力粉なんだけど、こっちでは手に入らないので普通の小麦粉(強力粉)を使ったからかしらねぇー、なんて言い訳したりして・・・

でも、ラップで包めば、しっとりするんだ!

castella2.jpg

どーみても、普通のパウンドケーキですが、味はカステラです。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

Fastelavnsbolle と 近衛兵 in Cph

2014.02.18.
今回コペンハーゲンに行った目的のひとつは(私にとっては、これが唯一の目的)は、デンマークのセムラ fastelavnsbolle を食べることでした。 (デンマークでは「青い月曜日」に食べるんですね。)

今年(2014年)は、マルディグラに当たる週が3月の初めと遅めなので、もしかしてまだ売り出してないかな、と心配でしたが、ケーキ屋さんのショーゥインドウには、ずらりと並んでありました! 郵便博物館に入る前に腹ごしらえ。 いろいろな種類があったけれど、私が選んだのはブルーベリー。

postmcph12.jpg

んふっ、おいしーい!と食べたのは、しかし最初の3口ほどでした。。。 パン(デニシュペストリーの生地)部分に比べ、生クリームの分量が多過ぎ。 この泡立てた生クリーム、北欧では一般的に甘くしないですよね。 パンと一緒にちょっとクリームを食べるくらいならおいしんだけど、甘くないクリームだけを食べるのって、とっても辛い。 口の中で「もっさもっさ」するだけで、飲み込めないし、気持ち悪くなります。

久しぶりに fastelavnsbolle が食べられる時期に来たから、いろいろ食べ歩きし、買って帰ろうと思っていたのですが、既に断念。

さて、郵便博物館から出て、今度は外の屋台でデンマークソーセージを買って食べていると、どこからか楽団が演奏する音が。 またしても遭遇したのは、デンマーク王室の近衛兵。 赤いデンマークソーセジをほおばりながら、近衛兵の行進を眺めるのは乙なものです。 

postmcph13.jpg

観光客は皆写真を撮っているけれど、地元の人たち(?)は、兵隊さんの後ろについて一緒に行進しています。 でも、どこまでついて行くのだろう。 楽団の後について歩く不特定多数の人たち、、、 ハンメルンの笛吹き状態。

その後、天気がいいからと公園に向かって大通りを歩いていると、突然子供が「レゴ! レゴ買う!」と言い、回れ右をする。 見ると、目の前のおじいちゃん&おばあちゃん&孫連れが、黄色いレゴストアの袋を下げているではありませんか。 前回、レゴストアに行ってレゴ買って貰ったことを思い出してしまったのだな。 「いや、レゴストアはそっちじゃないよ」と言っても「こっちだよ!」と目的方向とは反対方向に行こうとするし。(場所を覚えているのか!?) でも、今回は行くつもりも買うつもりもありません! 

なんとか目的地へ向かって歩かせ始めましたが、その後レゴストアの黄色い袋を下げている人を見かけると、夫と二人で目配せし、子供の視線と注意をそらせるよう苦労するのでした。 

しかし、そんな努力も水の泡、目の前を黄色い、車体全体がレゴの広告になっているバスが私たちの目の前を通り過ぎてゆく、、、 コペンハーゲン、危険な街だ。


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク