カルデムンマすこーぽー

2009.03.06.
Skorpor (スコーポー)は、ドイツの zwieback(日本ではラスクと呼ばれる)と同じ、2度焼きした軽くてサクサクの小さなパン。

スウェーデンの一般的なものは、細長の丸みあるものを半分に切った形をしています。 

kardemumma1ny.jpg

ビスコッティのような2度焼きした甘いクッキータイプも Skorpor と呼ばれますが、これは甘くない軽食タイプ(お茶請けでも食べますが)。 お気に入りは、スウェーデン王室御用達でもある Pågen の(Krisprolls という商品登録名で輸出もしている)、kardemumma 風味。

kardemumma3.jpg

甘く、ちょっとピリッとした刺激がある、清々しい香りの kardemumma (カルデムンマ)は、スウェーデンのパン菓子などによく使われる香料。

日本では香料の効いたものに疎かったので、この kardemumma の香りも、知ってるような、でも全然馴染みのないような、最初は口にする度とても不思議に思っていました。 しかし、その風味よりインパクトがあったのは、kardemumma (カルデムンマ)という名称。

カーデムンマ(と、こっちの人の発音は、私にはこう聞こえる)なんて、へーんな名前。 いっつもこの名を聞いたり言ったりする度、おかしくって。 なんか、弱い怪獣の名前みたい。

ところが、ある時、義母が持っていたドイツ語の雑誌に載っていたレシピを見ていて気づいたのです。

Kardamon(独語)= Cardamon (英語) KとCの違いだけで一目瞭然。
でも、もしかして、
Kardamon(独語)= Kardemumma (スウェーデン語)

つまり、カルデムンマって、カルダモンのことだったのか!

カルダモンという響きは、雅で高貴な香りを私に連想させます。 でも、
カルデムンマといわれると、その語感から連想するのは、サンマ・メンマ・トンマとか。

赤毛のアン (新潮文庫)の中に、アンが「いつか本に、ばらはたとえほかのどんな名前でもおなじように匂うと書いてあったけれど、あたしどうしても信じられないの。 もしばらが、あざみとかキャベツなんていう名前だったら、あんなにすてきだとは思われないわ」というセリフがありますが、正に私にも、カルダモンとカーデムンマが同じように匂うとは思われないのです。

・・・やっぱり、スウェーデン語って、マヌケね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

スウェーデン語とは

2008.04.01.
タモリさんが司会の深夜番組で『空耳アワー』というコーナーがありました。 洋楽の歌詞が、どーも日本語に聞こえる・・・ という、視聴者の投稿を紹介するコーナーの、懐かしの映像を YouTube で楽しんでいると、こんなもンを見つけてしまいました。

ザ・ファイナル・カウントダウン』で一世を風靡した、スウェーデン出身のバンド、ヨーロッパ (EUROPE) のアルバムに収められていた1曲「チェロキー」から。



曲が始まる前、何故か(よせばいいのに)スウェーデン語で、” Nu ska vi spela (Now, we’re gonna play)! ” と言っているのですが・・・


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
続きを読む "スウェーデン語とは"
関連記事


スポンサーリンク