出る杭が無い国 Jante

2009.02.28.
スウェーデンの新聞や雑誌のコラムなどで、時折「ここは Jante の国だから」とか、「Jantelagen 云々」と書いてあるのを見かける。

瑞英辞書には載ってない、人の名前みたいなこの単語の意味が分からず、「Jante(ヤンテ) って何?」と夫に聞くと、

「Jantelag(ヤンテ法)のことでしょ。 ”自分を人より優れていると思ってはいけません”っていう、スウェーデン社会に蔓延している暗黙のルール」

あ~、分かる! 日本にもあるよ、 ”出る杭は打たれる”って。

「ん~、それとはちょっと違う。 杭が出ないように自制するのが、Jante法」

Jante法は10か条あり、自分を特別な存在だと思うな、自分を我々より賢いと思うな・・・ ということが書いてある。 つまり、自分を信じて成功を夢見てはいけないんです。 目立たず、社会を乱さず、与えられた状況の中で、皆と横並びに生きていかなきゃいけない。

Jante法の出所は、デンマーク/ノルウェー人作家 Aksel Sandemose (1899-1965) が1933年にノルウェー語で発表した小説。 (これが分厚い上に3部作で・・・)

Jante とは、彼が生まれ育ったデンマークの小さな町をモデルとした架空の町。 しかし Jante は、北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン)のどこにでもある一般的な町。

昨今は「北欧モデル」などと良いイメージで取りざたされている北欧社会ですが、一昔前は、欧州の片隅にある貧乏な国に過ぎず、不毛な大地に点在する村々は、とっても閉鎖的でした。 その風刺を込めて Aksel Sandemose が箇条書きにしたのが Jante法。

この Jante法は、今でも潜在的に北欧社会にある。 

でも、良きスウェーデン市民になるため半ば強制的に通わされた「SFI(移民のためのスウェーデン語=語学よりもスウェーデン社会について学ばされ、恐ろしくレベルが低く、通うものを鬱にさせる学校)」では、Jante法について習わなかったな。

「Jantelagen はネガティヴなものだからね」

やっぱり、あの学校って都合のいいことしか教えないのね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

外国に住むということ

2008.10.12.
このブログをご覧くださった方々から、スウェーデンの生活に憧れます、なんておっしゃっていただくと、心底心外で、不本意で、そのようなイメージを与えてしまったことで罪悪感でいっぱいになり、ものすごく反省します。

さりげなく一生懸命、スウェーデンの料理は不味い、スウェーデン語はマヌケ、スウェーデン人はダサい・・・と、訴えているつもりなんですけど。

でも、隣の芝生はあおい。 私も、いいなぁニュージーランド、住みたいイタリア、楽しそうコロンビア、フィンランドはスウェーデンより数倍も暮らしやすいはずだ、って他の国に住んでいる人たちを羨ましく思いますもん。

このブログでは、スウェーデン生活での物事を、ちょっと面白おかしく書くよう心がけていますが、実際の暮らしは、もちろん、ここに書いているようなことだけで成り立っているわけではなく、外国暮らしは要らぬ苦労や心労も多いです。 それは、どこの国に行けど同じだと思います。 

アメリカ合衆国ネブラスカで大学院生活を送るアリスさんのブログ『茜色の空ととうもろこし畑』は、アメリカ中西部の自然や野鳥の写真、挑戦しているレシピの話、体にやさしいナチュラル素材に、今話題の油脂についてなど、楽しく役に立つ記事が満載です。 また、私が敢えて書かずにいるネガティブな問題にも触れています。

最近のエントリー「外国人であること」で書かれているアリスさんの体験談に、考えさせられました。 スウェーデンでも担当者の急な解雇はありがち、職責であっても黙殺する人もいるいる。 人が信用できなくなるような経験は、私もしました。 記事内にあるアメリカという単語をスウェーデンに置き換えれば、この国でも起こっていることです。 (かぎ括弧「 」内は、アリスさんのブログからの引用です。)

例えば「ここはアメリカですよ、アメリカ人は他人の為に何もしませんよ」。 (日本領事館からのアドバイス)

「君が電話をかけたとき、相手は決して言わないけれども、言葉を聞いて門前払いしている可能性あると思うよ。 アメリカ人と同じ扱いをされることはないと思うよ」。 (アジア系団体で働く移民系のスーパーバイザー)

スウェーデンにおいて移民が占める割合は多く、私もこの国では、ただの移民。

「この国では、”間違った肌の色”と”間違った言葉”を持つことで常に差別される。 誰も絶対に認めないけれど、私は、毎日それを感じない日はないし、どこか新しい場所へ入っていくたびに”違う扱い”をされることを感じるよ」ということも、あります。

いくらスウェーデンという国のイメージが良くても、長期暮らすとなると、イメージなんて何の生活の役に立たない代物です。

しかしながら、問題はこの国(だけ)にあらず。 問題は、日本の常識を外国に持ってきて文句言っている自分に(も)あるんですね。 ここでは私が外国人。

感じ方や考え方、また生活の場である環境も人それぞれゆえ、一概に語れない面があり難しいのですが、アリスさんの「外国人であること」に触発され、スウェーデン社会の負の面も書いてみたいと思った次第です。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク