サフランブレッドの作り方 Saffransbröd

2006.12.07.
スウェーデンには、クリスマスケーキなるものがありません。 その代わり、クリスマスの特別なパンを焼きます。 昔は貴重品であった白い小麦粉と、高価なサフランを使い、いろいろ凝った形に焼き上げるのが、スウェーデンの伝統。 

saffran1.jpg

この時期、パン屋さんの店頭で売り出され、家庭でも作られるでしょう。 私は、そんな面倒なことしませんが・・・ でも、おいしい手作りのサフランパンが食べた~い、と言ったら、夫の友人(男性)が作って持って来てくれました。

しかも、焼きたてのホワホワを大量に! この形は一番簡単な Lussebullar と呼ばれるもの。 フワッと大きく仕上げたかったので、ツヤを出すための溶き卵を、上に塗っていません。

saffran2.jpg

スウェーデンでは、サフランはクリスマスに欠かせない香料です。 鮮やかな黄色を出すためでもありますが、その香りも、スウェーデン人は好みます。 私にとって、味覚にうったえない独特の香りは、おいしい匂いとは思えないけど・・・ もちろん、友人が作ってくれた、焼き立てのパンは、香りも高く、おいしかったです。

では、スウェーデンの伝統的な、サフランパンのレシピをご紹介。

(材料)
★ パン生地
バターかマーガリン 50g
牛乳 5 dl (500 ml)
生イースト 50g
塩 1 tsk (小さじ1)
砂糖 2 tsk  (小さじ2)
小麦粉 ca 1,5 liter  (約、1,5リットル)

★ サフラン用
サフラン 適量
バターかマーガリン 125g
砂糖 1 1/2 dl (150 ml)
卵 1 個

(作り方)
1. バター(50g)を溶かし、牛乳に注ぐ。 これを37℃に保つ。
2. ボールに、イーストを崩して入れる。
3. イーストに、1をちょっと注いで、イーストをダマなく溶かす。
4. 残りの1、塩(小さじ1)、砂糖(小さじ2)、ほとんどの小麦粉を入れる。 (小麦粉はちょっと残しておく。)
5. 生地を、なめらかな状態になるまで、よくこねる。
6. 粉を生地の上に少し振りかけ、2倍の大きさになるまで、1時間ほど寝かせる。
7. ここで、サフランを作ります。 サフランを細かくする。 (安くて簡単な粉のサフランも売っていますが、味も香りも良いのは、乾燥したままの本物のサフラン)
saffran3.jpg

8. バター(125g)を泡立て、砂糖(1 1/2 dl)を加える。 さらにサフランと卵(1個)も加え、よく混ぜる。
9. 寝かせておいたパン生地に、8のサフランを加え、よくこねる。 残しておいた小麦粉を、ちょっと加える。
10. テーブルの上に分量外の小麦粉を広げ、生地を置く。 まだ残っていた小麦粉を加え、よくこねる。
11. 形を作る。 (有名なのは、この猫のような、Lussekatt)
kattjul_20081222043551.gif

12. ベーキングシートを敷いた天板に、形作ったパンを載せていく。
13. ここでまた、2倍の大きさになるまで、寝かせる。
14. パンの表面にツヤを出したかったら、溶き卵をハケで塗る。
15. 約200~250℃の天火で、8~10分焼いて、出来上がり!
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク