FC2ブログ

近づくコロナ

2020.09.10.
夏休み日本に行けなかった私たち。 スカンジナビア航空(コペンハーゲン←→東京)は2月頃から飛んでいない。 3月末から、SASの東京の空港は成田から羽田に変更になるはずだったのに、東京オリンピック2020同様、幻となったまま・・・ 

しかしニューヨーク←→コペンハーゲン便は7月頃から運航がさっさと再開され、夫の(スウェーデン人の)友人家族は飛び乗ってスウェーデンにやって来た。 (感染の強いNYなのに運航するとは、それだけ需要があるんだろうな。)

ロックダウンを行ったNYでは、家族4人(年の近い小学校低学年の子供が二人いる)がリモートワーク&授業で、全員が一日を毎日をアパートで過ごし、外に出られるのは(子供がいる場合)近所の公園に1日1回数十分だけ。 精神的にも肉体的にもかなり参ってくるし、ストレスゆえに子供たちの諍いも酷くなる一方だし・・・ マスクはもちろん、外に出るときは常にしている。 飛行機に乗っているときもずっと。 コペンハーゲン空港に到着し、スウェーデンに行く者はそのまま電車に直行・・・ そして着いたスウェーデンは・・・ 別世界!!

誰もマスクをしていない! お店もレストランも開いている! 人々が外を、通りを公園を(大した距離感も開けずに)歩いている! 子供たちは好きなだけ外で、海で、公園で遊べる!

友人家族は夏休みを満喫してNYへ戻って行きました。

何の対策もしていない(ように見える)スウェーデンでは、もちろん感染は広がり、死者はかなりの数に上っていたのですが、主な死者は高齢者施設の高齢者ということでした。 実際、夏休み中に身近で聞いたコロナ感染者は知り合いの知り合いで、高齢者や障害者施設にて・・・という例をちらほら位で、若者の間で感染が広がっているとも聞いていましたが、あまり気に留めていなかったのですが・・・

小中学校が閉鎖されなかったスウェーデン。 2か月の夏休みが終わり、高校以上の学校も普通に再開され、8月半ばに新学期が始まり3週間。

先週、夫の同僚のお子さんがCOVID-19に感染したと。 お子さんの小学校の担任教師がコロナにかかり、クラスではその子ともう一人の生徒が感染。 しかし、子供ゆえか症状はまったくなし。 気が付かぬ間に父親に感染していた。 そしてその父親から高齢の義母(奥さんのお母さん)に感染。 その高齢のお母さんは田舎の一軒家で隔離生活を続けていたのですが、娘夫婦が買い物などに行き、届けてくれていて、その接触時に感染してしまった。

検査を受けた結果、同僚は陰性だったのですが、もちろん自宅待機。 (でも、検査も100%正確ではないというし・・・) なんだか身近に迫ってきています。 本当に、どんどん感染して、広がっていくんだ・・・(やはり怖い)と実感したのでした。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

マスクをしない国

2020.05.12.
ドイツや、他の欧州の国々でも、外出どきのマスクの使用が義務付けになり、裁縫好きなドイツの従妹も手作りマスクに嬉々として勤しんでいます。

handmademask.jpg

私も端切れで何か作るのは好きなので、とっくにマスクはハンドメイドしたのですが、使う場がない。

スウェーデンでは、未だマスクは公的に「必要ない」とされている、どころか、しない方がよいと専門家は言っています。 「マスクは予防になりません。 マスクをすることによる安心感こそが危険です。 社会的距離を保つことこそが大事です。」と・・・

でも、マスクをするのは、自分のための感染予防ではなく、相手に感染させないための配慮ではないか。 どうしてもスウェーデン人は自己中心的な考え方しかしない。 他者と常に2mほどの距離を保つのって、普通に外歩いていたって、困難でしょ。 第一、誰も距離感なんて気にして歩いていないー。 陽気が良くなると、すぐに外に繰り出すー。 自分が良ければそれでいいって考えてるー。 死者は3千人以上でピークがいつかも分からないー。

日本のメディアでは、社会が大人なスウェーデンでは政府がロックダウンをしない代わりに国民に責任ある行動を求め・・・ とかすぐ書かれたりするけど、日本の方が(政府が無能なばかりに)国民が一生懸命「自粛」しようとして健気です。 

都市部に通勤している夫は、私の手作りマスクをして行きます。 先日、仕事帰りにアジア食品店に寄ってもらったら、レジには透明な仕切りが置かれ、夫の前に中東系の男性とスウェーデン人らしき女性が並んでいたけれど、レジのアジア系のおじちゃんはすごーく嫌そうに、つっけどんな接客をしていたそう。 ふと夫はマスクをしたままなのに気づき、それはレジの人に対し失礼ではないかと心配になったそうですが、アジア系のおじちゃんは夫がマスクをしているのを見ると、ハッとし、目を輝かせ、突然すっごく愛想よく接してくれたそう。

このような場で発揮したマスクの威力ー! アジア人にとってマスクは神器の一種か!? 

都市部ではマスクをしている人を多数ではないもののチラホラ見かけるそうで、アジア系の人は100%マスクをしているそう。 最近スウェーデン(人)でも、マスクをした方がいいという議論も聞かれ、使用している人も増えているようですが、どうなんでしょう。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク