スカンジナビア航空 子供におもちゃはない

2017.09.26.
航空会社によっては、子供(赤ちゃんや、小児運賃である2~12歳)に玩具等をくれるサービスがあると思います。 スカンジナビア航空のホームページのトラベル情報から「お子様連れのご旅行」のページを見ると・・・

「SASは、小さなお客様が機内の時間を楽しめるようお手伝いいたします。 ヨーロッパ域内のフライトでは、お子様に小型玩具をご用意しています。
日本路線を含む長距離路線フライト、では、玩具が入った小さなバッグをお子様にお渡しします。」

とあります。

過去に2回、子連れでスカンジナビア航空に乗ったけれど、小さなヌイグルミを貰ったくらいで、「玩具が入った小さなバッグ」なんて貰わなかったぞ。 機内で、「子供にオモチャありますか~?」と聞きに行ったら、うちの子を見て、「あ、でも、この子には相応しくないと思うの。 赤ちゃん用のだから。 それでよかったら・・・ちょっと待っててね。」と奥に引っ込み出してきたものは・・・

sastoytojpn2017.jpg

これでした。 それでも我が子は大喜びで、機内で抱っこしていたのですが、リムジンバスに乗り、そこにしっかり忘れてきました。

コペンハーゲン行の機内でも、再び「オモチャありますか?」と聞いたら、うちの子を見て、困ったように「あ、はい、でも・・・ 指人形とか、そういうものなんですが・・・」とオモチャ(といっても小さなヌイグルミとか)が入った箱を、うちの子が選べるように出してきてくれたのですが、本当に「要りません」と言うようなものしかなくて、それなのに一生懸命物色する我が子。 そして選んだのは・・・

sastoyfrjpn2017.jpg

これ(ブサイクな指人形)。 確かにろくなものなかったけれど、その中でもこれって・・・(側で私も絶句。)

ホームページには「玩具が入った小さなバッグ」なんて書いてあるけど、実際はないし、もちろん子供が機内の時間を楽しめるようなお手伝いは何もないスカンジナビア航空。 

ウソ書くな~! でも、まだ「ABロード」という雑誌が存在していた大昔、そこでスカンジナビア航空が「乗ってみたい航空会社」のランキング上位に常に選ばれていた頃は、レゴ等が入った子供用のアメニティーがあったらしい。

今は、LCC並みかそれ以下のサービスですが。 でも、料金は安いです。 格安航空券を比較して探すより、スカンジナビア航空のホームページから、直接予約するのが一番安い。 SAS Goはキャンセルがきかないし、席は後ろの方のシートだけしか選べないけれど、うちの場合子連れなのでわざわざ後ろの方の席を選びたいし、コペンハーゲン―成田直行便は乗り換えなしでスムーズに行ける最短ルート。 それでこの値段は、リーズナブル。

別にお手伝いしてもらわなくても、子供はゲームやっていればいいし。 成田行きの機は、それこそABロードの時代からと思われるボロボロの機体で、座った座席は壊れているし、個別モニターに入っているゲームも変わらず「テトリス」と「インベーダー」でタイムスリップした思いですが、「インベーダー」にハマってしまった我が子。 かえって新鮮だったらしい。 ずっーと大人しかったです。

コペンハーゲン行は、機種が新しくなっていて、ビックリ。 「テトリス」と「インベーダー」はなくなっていた・・・ サービスは変わっていなかった。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

スカンジナビア航空機内食 子供

2017.09.09.
3年ぶりに乗った(コペンハーゲン発、成田行きの)スカンジナビア航空。 子供用の機内食を頼みました。 どんなものが出てくるのかな~、(親が)楽しみっ。 やはりスカンジナビア航空なので、期待してはいけないが。

saschmltojpn20171.jpg

サラダ、マカロニとトマトソース、ケチャップ、パン&マーガリン、デザートのチョコレートムースとグミベア、以上。
マカロニとトマトソースはスウェーデンの学校給食って感じ?で、子供は食べていました。

親のは、サラダ&オリーブオイルドレッシング、チキン&マカロニ&ラタトゥイユ、クネッケパン、カマンベールチーズ、パン、バター、デザートはストロベリームース。

パンは、一種類しかないけど、一応温めてあります。 昔(10年以上前)は、スカンジナビア航空では温かい数種類のパンが出され、おかわりもできたのが評判良かったけど・・・ 必ず、茶そばとキットカットが付いていたものだった。 そんな時代を知らない人も増えただろう。

sasmealtojon2017.jpg

デザートのストロベリームースは、スウェーデンのメーカーFödingeで、パッケージが可愛い。

sasdesserttojpn2017.jpg

夕方近く15時45分発日本行のスカンジナビア航空、ディナーの後は消灯となり間食のサービスはありません。 エコノミーは、お水のサービスのみ。(子供にジュースとか飲ませたくないので、それはそれでいいかも。) 

成田着前に朝食。
saschmltojpn20172.jpg

これは子供用で、ヌテラ(チョコスプレッド)が付いています。 大人用は、ヌテラはなく、ヨーグルトにシリアルが付いていた。(違いはそれだけ。)


帰り、11時10分発の成田発コペンハーゲン行。 子供用機内食、ちょっと豪華。

saschmlfrjpn2017.jpg

サラダはポテトと卵の2種、プチトマトとサラダ菜付き。 ラザニア&ソーセージ&コロッケ&にんじんとブロッコリーの温野菜。 パン。 デザートのシュークリームには可愛い絵のついたホワイトチョコが飾りに付いています。

しかし、偏食気味の我が子、食べ慣れないものばかりなので、一切口をつけず。 日本のおいしいソーセージも、肉が少ない安いもの(スウェーデンに近い味)以外はダメ。 生クリーム等が嫌いなので、シュークリームも要らない。 いいんですけどね、私が食べますから。 確かにラザニアのクリームはくどかったけど。 大人用の機内食は、何だったか・・・忘れた。

日本をお昼に出て、コペンハーゲンに着くのは、その日の夕方15時30分(飛行時間約11時間30分)。 消灯はなく、途中サンドイッチのサービス。 子供はマフィンも貰ってました。

着陸前に冷たい機内食が出されますが、子供用のはフィンガーサンドイッチで、ツナサンドとフルーツサンドが交互に並んで絶品。 これは日本ならではだなぁ。 (大人用は、なんだったか忘れた。)

ただ、うちの子は、食には興味がないのであった。 恩恵は親に・・・(飛行機代出しているのは親だし。)

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク